赤ちゃんに安全なお水を飲ませたい。RO水が妊婦さんにおすすめの理由。 2018.3.16

いつもご覧いただきありがとうございます。
現在、弊社の30年来のお客様の息子さまご夫婦の出産祝いにご検討をいただいています。

長年、RO浄水器をご利用いただいているのでお水の良さにご評価いただきました。
そこで今回はお客様の娘さまからいただいたお声にお答えするコラムをお届けします。

◆RO水とは?3つの特徴

RO水には、大きく分けて3つの特徴があります。

  • 実は家庭の水道からも作ることが出来る
  • 細胞膜レベルの逆浸透膜でろ過するため安全
  • 一般的なボトルの中では価格が安い

 

驚かれる方もいらっしゃいますが、大手の工場で製造するRO水はだいたい製造工場付近にある河川の水や水道水をろ過してできています。

もちろん、各家庭に引いている水道からも、装置さえあればRO水を製造することは可能なのです。(水道直結型ウォーターサーバーがまさに該当します)

工場では、活性炭ろ過装置など、水に含まれる大きい不純物をあらかた取り除く第一処理を行います。
その後、0.0001ミクロンという、植物の細胞膜レベルの小さな穴で、水分子とそれ以外の物質をろ過します。

 

そのため、安全で安心な水をつくることができます。
水道から直接水を作ることが出来るため、水源に困ることはありません。
RO水のボトルが安いのは製造コストがかからないからに、ほかなりません。

 

 

◆赤ちゃんのミルク作りにRO水が最適なわけ

おすすめしている理由はRO水がミルクつくりに最適という点です。

日本の水道水は世界的に見てもレベルが高く、静岡県では「冨士の天然水」はじめ、美味しいお水と言われる天然水が多く出回っています。

 

しかし、RO水では天然水に含まれるミネラルなども取り除いてしまいます。
かりに、天然水を原料にしていても、栄養成分に不純物が含まれない場合は、逆浸透膜で処理をされた「RO水」であることがほとんどです。

粉ミルクメーカーはミネラルバランスが整った製品を販売されています。
溶かす水に、余計な不純物が含まれない純水(RO水)を推奨しているのは、そのためです。

もし赤ちゃんの粉ミルク用のお水を買う機会がありましたら、その成分表をご確認ください。

 

 

◆妊婦さんや出産後にウォーターサーバーがある生活

妊婦さんの冷え取りにも、夜間の粉ミルク作りにも、お湯がすぐに使える利便性はおすすめです。

社長であるわたくしの娘は静岡県から離れ、東京で暮らしていますが、夜間のミルク作りやちょっとした休憩に便利なので、ウォーターサーバーがあればよかったといいます。

 

孫は7年前に生まれ、静岡への里帰りは1か月だけでした。
当時は弊社でウォーターサーバーを扱っておらず、娘はRO水の浄水器を使用していましたが、瞬間湯沸かし器で沸かしたお湯でミルクをつくっていたようです。

 

しかしウォーターサーバーのように、冷水と温水がすぐに使えるとミルクの温度調節も出来るし、朝早くに出勤する主人の飲み物やスープを作るのも、苦になりません。

もう少し早く扱っていたら、娘にも使わせてあげられたかもしれません。

 

お客様もご高齢になり、お孫さんが出来るというお話をお聞きする度、水道直結型サーバーの取り扱いをもう8年早めていればという気持ちになります。

 

最後は回顧のようでしたが、お客様へは上記のご説明しています。

お読みいただきありがとうございました。